<< TOTO EUD500の修理 : 扉の開閉が重くなったら | main |
TOTO EUD500の修理 : 扉を閉めても運転しない
前回の扉の重さ前々回の給水エラーに続いて、食洗機 TOTO EUD500 の修理ネタです。

扉を閉めて「スタート」を押すが、ピピピッと鳴って「扉が閉まってないぞ」エラーを出すようになって2〜3年。その都度何度か開閉しているとそのうち運転してくれるようになるのですが、分解ついでに調整してみました。
うちのは下扉の扉閉めを検知しにくくなっていたので、下扉だけ行っています。


修理するには、まず本体左右側面のカバーを開けます。

1.背面のネジすべてを外して背面の外板を外します。次に前面の扉を開けたところにある左右のネジを外して、本体左右の外板を外します。

2.下扉のツメをキャッチする樹脂製パーツが、左右についています。

扉のキャッチ部

3.このパーツの裏側に、薄い金属板がついたマイクロスイッチがあります。
扉のツメが確実にマイクロスイッチを押してくれることを期待して、このテコのようになってる金属板を、少しだけ前方向に曲げてやります。

扉閉め検知用のマイクロスイッチ。
わずかに前方向に曲がっているのが判るでしょうか?

4.組み直して、扉の開閉をスムーズに検知するようになったら、修理完了です。


うちのは、とても快調になりました。
ストレスフリーでよい!おてんき
【2010.09.26 Sunday 23:50】 author : HANA
| 家電 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
うちの機械も2,3会に一度ドアを閉めても
動かないときが出てきました。

一度時間のあるときにやってみようと思います。
本当に参考になりました。

いつもありがとうございます。
| Buttaman45 | 2012/02/25 6:37 PM |
壊れるの覚悟で、挑戦。
2度目のチャレンジで直りました〜!

写真付きの親切な記事、
ありがとうございました。
| kawa | 2012/04/23 3:10 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ltcm.co.uk/trackback/1615270
トラックバック